デザイン上の課題と対策方法

人手が足りない介護業界では、人に代わって介護を行ってくれる介護ロボットに問題解決の可能性を見出しています。ロボットがあれば、人間にとって重労働な仕事も簡単にこなすことができるのです。しかし、現実にはロボットの普及はこれからの段階であり、まだその数はあまり見られません。
普及が進まない原因として、ロボットに対するイメージが挙げられます。ロボットは部品の塊であり、無機質な存在というイメージが強いのが課題です。日本では、比較的ロボットに対するイメージは固くないものの、それでも抵抗感を感じる人は少なくありません。そのため、ロボットよりも人間の介護士にケアを行ってもらいたいと考える高齢者や障害者にとって、ロボットによる介護はふさわしくありません。そこで、介護ロボットの普及を促進するためには、ロボットに対するイメージを変える必要があります。外観のデザインは重要であり、親しみを感じられるような外観を備えているのが条件の一つです。また、介護用のロボットには、ボディの材質にも配慮が求められます。介護では触れ合う機会もあり、無機質で硬質なロボットは冷たさを感じさせてしまいます。そこで、ロボットのボディに採用する材質を見直し、柔らかさを感じさせるデザインを採用するのもイメージを変える手掛かりになるようです。ボディに柔らかさを採用することは、介護中の事故の予防にも効果が期待できます。
ロボットのデザインへの工夫次第では、硬いイメージが変わって課題を克服できます。介護施設や各家庭への普及が進む可能性が十分にあるのです。もっと詳しく⇒「http://xn--48jxfc5tza2j0e339y8p5a84pjm5g.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です